らしく


<   2005年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧



平凡といえば、平凡な日々


また妙な日々が続いております。
バイト終了(夜)→メールが入り、ネットカフェへ→お得なナイトプラン
→帰宅(朝)→そのまま文化祭へ→何故か開始から最後まで店番
→帰宅後バイトへ・・・な生活なわけでしたが。。
さすがにハードでした。

まぁ、それだけならば、ハードな日々だったんだね。と平凡な感じになるのですが、
やはり妙な出来事は起こるわけで・・。
ネットカフェの後半戦は力尽きて倒れてたわけなのだけど、
そこで夢を見たんスわ。

どんな夢かというと、校内放送(選挙みたいな物言いで内容は避難訓練)が
流れている校舎を(人物、場所などはごちゃまぜ)小走りで非難していたのは
いいのだが、途中で校内放送が「核ミサイル」がどうのという話題になり、
窓から外を見ると案の定・・・核が遠くに落ちていくのが見えるわけですよ。
・・爆発が起きた辺りで夢は覚めましたけどね。
どうせ見るのなら、もっと平和な夢が良かったなと。
(浴槽一杯のゼリーを食べるとかね

さーて、夢のお話はここまで。
とは言うものの、次もまた夢トークに・・・。

年末ジャンボはじまりましたねぇ~。毎度ながら一枚だけ買うことにします。
当たったら当たったでよし。当たらなかったら当たらなかったでまたよし。
一枚に全てをかける・・こういう楽しみ方がマイブームですハイ

黄色の財布って、本当に金が溜まるのかな。
[PR]
by hakuko | 2005-11-29 02:09


妙なことが続く日々。


いやぁ、久しいよオレ。
結局のところ、教務課へと殴りこみに言った自分は、1:1トーク
しているうちにあることに気づかされた。
まず、その職種はとてもとても狭い門であり、体力勝負な一面もありな
ハードな仕事であること。それは百も承知であり、想定の範囲内ってヤツでした。
しかし、その職業は一生物ではなく、定年まで働く・・というのは
不可能に近い。という話を聞いたのだ。定年までやっていこうとするのであれば、
さらに上を目指し深くくい込んでいかなければならない。
ということは、もちろん入社以上の壁が立ちはだかるのわけで・・。
加えて・・その職業は特殊であるが故に、その職業後に一般の企業で普通にやっていく
というのも非常に難しい・・と。
その職業で一生食っていけない。ということを聞いてから、躊躇い他の
ことを考えてしまった時点でもうダメなのだろうなぁ・・・。

そんなこんなで、見事に玉砕し、学校を止め・・狙いの職種の科がある場所へ・・!
という夢は潰えました。・・・が、会社に一時的に勤め、数年経ったら一般企業へと。
そういう方法も有りだと講師はいうてくれました。
今通っている学科で取得可能な資格があれば、一般企業へはそこそこ
いけるものらしいので、自分の行きたいところへ行き、止めたとしても
なんとかなるって寸法。これから出来るであろう家庭(不安)を護っていかなければ
ならない身故に、足場は固めておきたい。そんな守備スタイルで
どないすんねん、このボケ!って感じはしますが・・んまぁ・・・
自分が納得していることだし、この方向で進んで行こうじゃないか、オレ。

俺様さんには事あるごとに、いっつも世話になっとります。
感謝してまっせ・・!ありがとう。

所変わってこんなお話を。金曜日、学校から帰ってくるのに電車に乗って
帰宅していたのはいいのだけど・・特に混雑していないのにもかかわらず、
妙に接近してくる人がいましてね、カバンを押さえている手がオレのNGゾーンに
Hitしてるわけですわ。もっと離れろよ・・というか、体に触れてるんだから、
せめてそれだけでもどうにかしろ。・・・と、思いつつも、仕方なーくこっちが
少し壁へとずれると、その人も壁のほうへと移動。はい、妙なんですよ。非常に。
逆に距離を詰めて来るだなんてね、予想外もいいとこ。
まぁ・・・言うまでも無くカバンを押さえてる手はオレのNGゾーンへと誘われている。
「これは・・・!!」と、思い体制をずらしてみると、その人も車窓を遠い目しながら
そろりそろりと回り込んでくる。平然を装ってる目つきでね。
まぁ・・言うまでも無くk....略します。
ここで確信し、オレは鬱陶しそうな眼差しでその人を眺めつつ、手がオレに触れる
寸前くらいにまた体制をずらし、また迫ってきたら体制をずらし・・の繰り返しを企み、
実行していたら、次の駅で降りていってしまったとさ。
ただ、『その人』が女性であるのならまだしも、油ギッシュなサラリーマンだった
という現実は、この世の真理を少し垣間見た気がします。
オレは男なんかにゃ全く興味はないのだけどなぁ・・。

後は、久しく悪夢で目が覚めた。そんなところでしょうかね。
なんか、妙なこと続きなのでそろそろすごくいいことが起こりそうな予感がする・・・!

※書きなぐった文なので、まとまりがなかったり、変な部分がきっと多いのはご愛嬌で;
[PR]
by hakuko | 2005-11-21 01:08


最近思うこと


友人の学校生活の話を聞いていると、自分も同じ専門学校なのに
こうも違っていいものか?・・と疑問を覚える。
自分の行っている所は、ほぼ高校と授業終了時刻が同じだったりする。
まぁ・・終了時間はいいにせよ、友人の通っている学校と比較すると
課題の量が目に見えて違う。
専門学校が故に、専門的な知識、技術をたくさん学ばなければいけないはずなのに・・
もっと、こう、課題に追われて、アルバイトなんてやってる余裕すらない。
こんな日常でもよかった。

それ以前に、今自分は自分のやりたい事とは違う専門学校に入っている。
自分のやりたい専門学校に入っても、やっていける自身が持てなかったから
あえて安全な方へと進んだのだ。でも、入ったら入ったで↑のような感じ。
安全な方を選んだはずなのに、将来に不安を感じる・・
まず、クラスの雰囲気がいまいち勉強するという感じではないように思える。
夏休みの検定対策の補習が、何十人といたのが補習の後半には数人となっていた。
補習をサボり早く学校を終わらせて遊びやらバイトやらへ。
うちのクラスで補習に全て出ていたのは自分と女子達だけだ。
前までは周りに流されていただろう。だが、今回は流されなかった
どれだけ囁かれても。
踏みとどまったのだが、この雰囲気はつらい・・。

しかし、自分は甘えてるのだろうか。
それとも、逃げているのか。
環境が悪いから、~ができない。やってられない、辛い・・と
環境のせいにして。
仮に、自分の行きたい専門学校へ行っていた場合。
またなんやかんや理由を付けて投げ出しているのかもしれない。
どうなるかは全くわからない。

今から学校を辞め、行きたかった学科へ行ったらどうなるだろうか・・?
ハードでも充実した毎日を過ごしていくことができるのだろうか?
悩みに悩む・・・
いや、まだだ。まだ、自分のやりたい事をやる為には方法がある。
せっかく高い授業料を払っているのだから。講師の話を聞いてみることにしよう。
思う存分話を聞き、相談し、それから結論を出すのでも遅くはないはずだ。
[PR]
by hakuko | 2005-11-12 02:19


久しく


 いやぁ、どれだけサボってたんだオラ!って話ですなぁ(しみじみ
もうね、ホント何を描いていいのやら。 しかし・・考えてみれば、
好き勝手やっちゃえばいいぢゃん。という結論に(単純

 最近は学校でもそこそこの過ごしやすさ。なんといっても
授業が後期になってがらっと変わったのが、新鮮で楽しいかな。
 環境がなんとも言えないけど・・;

 北海道には「ジンギスカンキャラメル」なるものが土産であるらしく、
ココストアの北海道フェアでそのジンギスカンキャラメルを発見し購入してみた。
 そして、今日そのキャラメルを食してみたのですが・・
存在自体レアものなら、その味もレアものだったわけで・・一回食せば
もう満ち足りた感覚に。 まぁ・・好奇心旺盛な方は是非是非。

 それから、落書きも趣味だったりするんで、ちょこちょことアップしていきます。
[PR]
by hakuko | 2005-11-07 18:53

    
心機一転・・・好き勝手やってます。
by hakuko
メモ帳
 全自動の・・・
お掃除ロボットが
なんだか魅力的。
(丸っこいヤツ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧